BLUESKY 横浜ヨガスタジオ BLOG

2018年11月20日 (火曜日) 12:12に公開

ヨガを楽しむヒント

ポーズからポーズへ

 

大学生の頃の私はディズニーランドが大好きで、2カ月に1度くらいは友達と行って楽しんでました。

 

blue-angels-1024270_640
ディズニーのアトラクションに乗るとき、混んでいると待ち時間が長くなります。
昔は3時間くらい並んだこともあったと思います。


アトラクションに乗ることも、もちろん楽しいんですが、
私は乗るまでの待っている時間も割と好きだったりします。


友達と色んなお話ができるのと、(彼氏と行った場合はラブラブできる時間が増えます笑)
待っている間の通路などもアトラクションの世界に入ったかのように工夫されているので日常生活から別世界にタイムスリップしているような空間が久々に乗るアトラクションへの期待を高めてくれます。
その空間にどっぷりとハマることで、アトラクションがより楽しめるような気がしました。

 

 

もし、この待ち時間や待っている間の通路の工夫などなにもなかったら
アトラクションにただ乗るだけ。になります。


そこに感動や楽しさはない。と言えばうそになりますが、少なくなりますよね。


やっぱりワクワクしながら、アトラクションまでの時間を会話などで楽しんだり、通路などの工夫を肌で感じてどっぷりハマることはアトラクションを楽しむには必要な時間のように感じます。

 

amusement-park-237200_640

ヨガマットの上でも同じような事が起こりうると思います。

 

私達はポーズとポーズの間を無視して、次のポーズのことばかり考えてたりしませんか。

例えば、太陽礼拝でチャトランガからアップドックやコブラ、ダウンドックまで進んで
ひと息つく。


ほとんどの人が、ポーズからポーズへの移行を慌てて済ませるか、完全に飛ばすかのどちらかです。

 

そればかりでなく、レッスンに慣れている方はポーズをとってキープしている時間にも関わらず、つぎのポーズが頭にあるので次のポーズに移ろうと急ぎます。

people-1316362_640


これにはいくつかの理由がありますが、移行の動作は、ポーズとは関係ないと思っている事と、自尊心を満たすという点では、カッコイイポーズには及ばない。と思っていることが大きな理由ではないでしょうか。


人生と同様、私たちはヨガの練習でも完成ポーズにたどり着くのに、できるだけ面倒でつまらない事は避けたいのではないでしょうか。

 

前にテレビでジブリの宮崎駿監督の特集を見ていた時に、印象的だった宮崎監督の言葉があります。宮崎監督は無類の面倒くさがり屋らしいのですが、
「面倒くさいことほど大切なんだよ。」とおっしゃっていました。

 

なるほど~。って感じです。

 

 

 

以上、ヨガプラクティスのヒントでした。

 

 

 

次回は
どうしたら、移行や待ち時間を楽しむ事ができるようになる?
です。

 

 

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 

ブルースカイヨガスタジオ NAOKO

 

 

参考図書 yogajournal 17

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
ブルースカイヨガスタジオ
http://bluesky-body.com/
住所:神奈川県横浜市中区石川町1-13-4
大倉石川町ビル6F
TEL:045-264-8832
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

HOMEBLUESKYとはインストラクター紹介新規お申し込み手順お客様の声・Q&A

プログラム料金システムご予約・タイムテーブルBLOGアクセス

footer_logo

〒231-0868 神奈川県横浜市中区石川町1-13-4 大倉石川町ビル6F

(JR 石川町駅徒歩1分 MM線 元町・中華街駅徒歩8分)
TEL:045-264-8832 営業時間:7時~22時 定休日:月曜日(年末年始除く)
footer_btn